気楽に生こう

そのとき、そのときの、楽しいことを

「ドラゴンクエストモンスターズ」鳥山明イラストレーションズを買ってみた!

f:id:NUu:20170906204632j:plain

こんにちは!カエル@_kaeluです\(^~^)/ゲロゲロ ♪

 

ドラゴンクエスト(モンスターの)イラストが沢山載っている、鳥山明イラストレーションズを買いました!(かなり古い本でして、発売されたのはなんと1996年のもの!)

 

最近イラストを描くのにハマっていて、大好きなドラクエ、そして、大好きな鳥山明さんのイラストが見たくなったので、この本を買ってみました!

 

ドラクエ好きにかなりオススメの本なので、絶賛レビューしたいと思います\(^o^)/

 

目次

 

「ドラゴンクエストモンスターズ」鳥山明イラストレーションズとは?

この本は、ドラクエ1〜6までに登場する全752体のモンスターを、5つの階層(界 → 類 → 目 → 属 → 種)で分類している、ドラクエのモンスター図鑑です!

 

例えば、スライムナイトの場合…

魔界生物界、魔族類、魔騎兵目、スライムナイト属、スライムナイト種と分類されます。

 

そしてそれがそのまま、スライムナイトの正式名でもあるんです!

f:id:NUu:20170906204709j:plain

(正式名、長っ!)w

 

そして上の画像のように、鳥山明さんが描かれたドラクエモンスターの原画がたくさん載っている本なんです!

(最近のドラクエイラストはデジタル画だけど、当時はまだまだ手書きのイラストで、暖かみがあってベリーグッドなんです☆)

 

この本は、第1巻と第2巻からなる、2冊構成となっております。

ここからは、それぞれの巻のおすすめポイントをご紹介します!(^^)v

 

第1巻の見所

f:id:NUu:20170906204733j:plain

こちらの青い本が、第1巻!

 

ドラクエモンスターの、実寸サイズ比較コーナーが面白い!

衝撃の体格差!!!

f:id:NUu:20170906204747j:plain

特にガネーシャスカイドラゴンがデカすぎ!!主人公たちは(全てのドラクエプレイヤーは)、こんなやつらと戦いよったんか!!!

 

スライムは6の主人公の、膝~スネあたりの大きさなんやね!やっぱりスライムは可愛らしいね♡(スライムの体長は標準で、30センチ)


スライムベホマズンは6の主人公と同じぐらいの身長で、思ったよりも小さかった!もっと大きいかと思ってました(^^)


ちなみに、ガネーシャの桃色の硬くて厚い皮膚は、刃物でも滅多に傷が付かないほど強力で、敵を見つけると猛スピードで突進してくるんだって!

f:id:NUu:20170906204747j:plain

こんな大きいのが猛スピードで突進してくるなんて、怖すぎやろ!!


上の写真には載っていませんが・・・

 

深海竜、クラーゴン、人面樹、ボストロールとアークデーモンもデカいぞ!!

f:id:NUu:20170907222000j:plain
f:id:NUu:20170907222010j:plain
f:id:NUu:20170907222019j:plain
f:id:NUu:20170907222035j:plain
f:id:NUu:20170907222045j:plain

実寸サイズを見たら、こいつらはもうボス並みの恐ろしさだぞ!!

 

鳥山明が描くドラクエモンスターを眺めると、心癒される!

鳥山明さんの手書きイラストは、見てるだけでほのぼのして、心が癒されます☆

f:id:NUu:20170906204812j:plain

可愛いし、カッコイイよね!

 

各モンスターの解説文を読むのが楽しい!

モンスターそれぞれに解説文が書かれていて、それを読むことで、そのモンスターについての新たな一面を知ることができます(^^)

 

「ドラキーって獣だったのか!」とか、

f:id:NUu:20170907221340j:plain

(たしかにコウモリやけど、悪魔系かと思ってた)

 

「マドハンドは人間の手とほぼ同じ大きさ」とか、

f:id:NUu:20170907221422j:plain

普通にドラクエをプレイしてるだけじゃ知りえない情報(設定)を、たくさん知ることができます☆

 

ここでいくつか面白いと思った解説文を、ご紹介!

 

お化けキノコ

f:id:NUu:20170906204827j:plain

胞子を吸い込むと強い催眠作用がある。寄生すると3週間後にキノコが生えてくるが、命に別状はない。

いやいや、怖ぇよ!!! すぐに病院行くぞ!!!w

 

サソリアーマー

f:id:NUu:20170906204842j:plain

さそりの硬い外皮をそのまま鎧として使っている戦士。鎧の構造上、巨大な尾と後ろの2本の脚部は空洞である。また着用者は大きく前傾姿勢をとることを強いられるので、それに耐える忍耐力が必要。

し、知らんかった!中に誰かが入っていたとは!!そしてその強靭な忍耐力に、マジリスペクト☆

 

キラーマシン

f:id:NUu:20170906204852j:plain

長い年月の間に、装備している弓矢の操作システムが停止してしまった。剣での攻撃は正常に作動する。

いやいやいや!最近のキラーマシンさんは普通に弓矢ばんばん撃ってきてますよ!!そのシステムはもう治ってますよー!スクエニさ~ん!w

 

(ちなみにキラーマシンの大きさは、思ってたよりも小さかったです。6の主人公の腰ぐらいの大きさでした)

 

第2巻の見所

f:id:NUu:20170906204904j:plain

こっちの白い本が第2巻となります

 

堀井雄二と鳥山明。豪華な二人の対談を読める

二人の出会い、そしてドラクエのモンスターができあがるまでの過程を知れます(^^)

f:id:NUu:20170906205214j:plain

 

モンスター誕生の流れは、だいたいこんなかんじらしい! 

堀井さんから、鳥山さんのイメージを触発するようなラフ(すごく簡単な大まかなイラスト)が送られる

      ↓

鳥山さんはそのラフを見たインスピレーションで、一気にモンスターを描く!(考えすぎるとかえって描けないらしい)


このようにして、堀井さんの落書きみたいなモンスターのラフ画が(失礼w)鳥山さんの手によって、愛嬌のあるほのぼのとしたドラクエモンスターへと進化・誕生します☆

 

ここで堀井さんが描かれたラフ画を、ひとつだけご紹介します。

 

果てしてこのラフ画は、

どんなモンスターへと生まれ変わったでしょうか!!?

f:id:NUu:20170906204920j:plain

(答えは、この記事のどこかで!!)ズルイ w

 

ちなみにモンスターの名前は、(ラフの時点でも一応は、名前が書かれてあるけど)出来上がった鳥山さんのイラストを見て、堀井さんが正式な名前をつけるそうです!

 

スライムのドット絵の描き方、描かれていく様子を見れる

モンスターのグラフィック(ドット絵)を、実際に描かれた機材と共に紹介されています。その機材を見ると、すごく時代を感じます(笑)

 

そしてドラクエ6以降、戦闘中のモンスターは動くようになりました!そのアニメーションの作成方法を紹介しているページもあるぞ!(^^)v

 

各モンスターのデータ集も載ってるよ!

各モンスターの能力値や持っているゴールド、もらえる経験値に落とすアイテム、主な攻撃パターンとそれに対する攻略法なども書いてあります。

f:id:NUu:20170906204934j:plain

データ好きには、たまらんぜよ!!

 

この本の良いところ

この本のオススメポイントをまとめると…

 

・6の主人公と色んなモンスターの大きさ比較が面白い!

ドラクエの世界に住んどる人たちは大変やね!こんな恐ろしいモンスター達が、街の外にウジャウジャといるなんて!気軽に山登りも行けんばい!!!

 

・鳥山明イラストに、心うっとり♡

最近のデジタル画も素敵やけど、それにはない良さが、手書き原画にはある☆

 

・各モンスターの説明を読むのが(知れるのが)楽しい!

全部読むのに、めっちゃ時間がかかるくらいの大ボリューム☆

 

・学術的にモンスターのことを学べる!

モンスターの進化の歴史、食物連鎖と生態ピラミッド、モンスターに見える光の範囲と視界・世界の見え方など。

 

なかでも特に面白かったのは、『モンスターと人間』っていう教科書に出てきそうな、博物館にありそうな内容のところ(笑)

 

こんなかんじにモンスターと人間の、切っても切れない生活について説明されています

f:id:NUu:20170906204951j:plain

モンスターって食べれるんやね!食べてたんやね!w

 

ちなみにキメラは…

f:id:NUu:20170906205005j:plain

捨てるところがないモンスター!w

 

この本の残念なところ

買って(読んで眺めて)大満足のこの本なんですが、ここだけが残念ポイント!

 

・同じ形のモンスターはまとめられて、代表の一匹だけしかイラストが載っていないところ。

例えば、スライムと同じ形のモンスターは、代表してスライムだけしかイラストが載っていない。(スライムと色違いの、スライムベスやメタルスライムなどは載っていません。文字だけでの紹介となります)

 

(でもこれは当たり前かも!そもそも鳥山明さんが描かれたのはスライムだけで、それ以外の色違いモンスターは、ドラクエのスタッフさんたちが容量対策に作り上げたものだから)

 

こっちなら全部載ってるかも!

 

ドラクエモンスターの豆知識!

この本を読んで知れた、ドラクエモンスターの豆知識をいくつかご紹介します!(^^)

 

・ドラゴンキッズは、グレイトドラゴンの子供!

まじか!知らんかった!

・シリーズを通して出ているモンスターは、スライムだけ!

(6までで。もしかしたらそれ以降も全部?出てる??)

・スライムの身体のほとんどは水なので、他の生物から水分補給のために、捕食されることがある。

かわいそう!!!

・はぐれメタルの剣を1本作るには、数百匹のはぐれメタルが必要になる。

そりゃー貴重なはずやわ!ちなみに作り方もめっちゃ大変。

・最も飛翔速度が速いモンスター(ドラクエ6までで)は、グレイトドラゴン!速度は150キロで飛びます。

2位〜6位には、意外なモンスター達が名を連ねていますw

・ドラクエのグラフィックデザイナー眞島真太郎さんが、動かすのに(アニメーションを作るのに)最も苦労したモンスターは、踊る宝石。

 

f:id:NUu:20170906205021j:plain

倒したらけっこうお金もらえます!(ちなみに袋の中には本物の宝石や金貨が入っていますが、外に出てるのは人間をおびき寄せるための偽者ですから!みんな気をつけてね☆)

 

まとめ

「ドラゴンクエストモンスターズ」鳥山明イラストレーションズ。

かなり昔の本で新品ではもう売っていないけど、ドラクエ好き(or 鳥山明イラスト好き)なら、買って損はない、読み応えたっぷりの1冊です!!!

 

暇な時にパラパラっと眺めるだけで、気が付いたらニヤニヤしてて、心はドラクエに初めて出会った時のような気持ちになっています\(^o^)/

(ちなみに僕は小学生の時に出会ったので、あの時の少年の心に戻れます)w

 

ドラクエ好きにはたまらない、色んな秘話も掲載されているので、気になった人は探してみてね!☆

 

堀井さんの落書きのようなこのラフ絵が、いったいどうなったのかと言うと…

f:id:NUu:20170906204920j:plain

 

天才・鳥山明の手にかかり…

こんな可愛らしいモンスターへと進化しました!!

 

f:id:NUu:20170906205031j:plain

【いたずらもぐらが あらわれた!】

 

ちなみに僕はこの本を、鳥山明イラストを描いてみたくて買ったので、近々その模様もこのブログに書きたいと思います☆

 

それじゃあ、今日はこの辺で!

またねん!(´∀`)ノ"

 

時代を超えて愛される、素敵な本☆